製薬会社で働く産業保健師の仕事内容とメリット・デメリット

産業保健師 仕事内容 メリット・デメリット
【PR】保健師の求人を探すなら!「マイナビ看護師」で  

製薬会社で働く産業保健師の仕事内容は、一般的な産業保健師とほぼ変わらないと考えて良いでしょう。

ただ、対象者は、医療の知識が豊富な方が多く、学歴も高い方が多いため、保健師・看護師として、より一層のスキルアップは欠かせません。

このページでは、製薬会社で働く社員の特徴や産業保健師として働くことのメリット・デメリットについてもご紹介していきます。

製薬会社への転職を検討している産業保健師の方はぜひ参考にしてみてください。

1.製薬会社で働く産業保健師の仕事内容

女性会社員

製薬会社で働く産業保健師の仕事内容は、一般的な産業保健の役割である「健康で安全な職場作り」に基づいたものとなります。

具体的には

  • 健康診断のデータ分析・フォロー
  • 従業員の怪我・病気の治療補助
  • 社員の一次予防として健康教育・保健指導の実施
  • 過重労働対策(長時間勤務者の管理)
  • メンタルヘルスケア(ストレスチェックのフォローを含む)
  • 休職者フォロー
  • 安全衛生委員会への参加
  • 職場環境の整備etc.

などを行うことになります。

 

産業医の診療介助

上記の一般的な仕事内容の他、私が勤務していた会社では産業医がかかりつけ医の役割を担っていたため、定期的な外来診察の窓口があり、その診療介助等も行なっていました。

 

使用できなくなった自社製品の処理

製薬会社での仕事で特徴的なこととしては、「自社製品の管理」が挙げられます。

製薬会社では、パッケージの破損等で使用できなくなった自社製品のOTC薬が健康管理室に回されるケースが多いです。

そのため、産業保健師は、そういったOTC薬を社員へ配布する等の処理を行うことがあります。

 

2.製薬会社で働く社員の特徴は?

製薬会社で働く女性

製薬会社で働く社員の特徴は、それぞれの部署によってかなりの違いがありますが、全体的な特徴としては、「やっぱり薬が好き」ということです。

また、薬学部出身の方も多く、「薬に関して知識が豊富」なので、こちらが選ばなくても、薬を指定してくる場合もあります。

 

健康管理室へ来室する目的は「自社製品の使用」

会社の健康管理室へ来室される方の大半は、自社製品の使用をしたいという理由で訪れます。

そのため、全く大したことがないちょっとした傷に関しても、「薬を塗って欲しい」とお願いされたりします。

 

部署によって社員のキャラクターが異なる

製薬会社の社員の特徴を部署ごとに分けると、開発・薬事等の方は地味で細かい人が多いです。

また、MR・営業回りの仕事をしている方は、当たり前ですが話し上手な方ばかりです。

最後に、工場勤務の方々は比較的親しみやすい雰囲気の方が多いです。

 

補足

ポイント

これは余談ですが、それぞれの製薬会社によっても雰囲気がガラっと変わります。

服装や身だしなみに関していえば、私のいた会社は日本企業で、少し地味な服装や身のこなしが好まれる機会が多かったですが、外資系はかなりド派手な服装でも全く問題ないとのことでした。

 

3.製薬会社で働くメリット・デメリット

メリット・デメリット

製薬会社で働く産業保健師のメリットとしては、まず、「医薬品」という比較的景気に左右されにくい商品を扱っているとう特徴上、産業保健師として働く立場に、「安定感」を感じられる部分があります。

一方で、製薬会社の社員を対象にしているが故のデメリットも存在します。

 

メリット(1):産業保健が働きやすい環境が整っている

産業保健師は利益に直結しないので、会社によっては、言い方は悪いですが、「煙たがれる」存在になる場合があります。

一方で、製薬会社のように経営に余裕があるところであればあるほど、産業保健のあり方が充実してくる場合が多く、保健師としても働きやすい環境が整っています。

 

メリット(2):自社製品を格安で使用できる

福利厚生的な面では、自社製品を格安で使用できることがメリットとして挙げられるでしょう。

医師の処方箋が必要なものに関しては別ですが、OTC薬に分類されるもので、中身に問題がなく箱の損傷などにより製品にならなかったものについては無料でいくらでも使用することができます。

 

自社製品の種類が多いほどお得感あり!

私が勤務していた会社では、販売中止などにより、余った製品などが配布されることもありました。「救急箱」と言って、大きな箱に自社製品が詰められたものを入社時に配布してくれたりもしました。

また、化粧品なども合わせて開発している製薬会社では、そのサンプルなどももらえることもあるようです。

このように、自社製品の種類が多いほど、お得感はあります。

 

メリット(3):薬の開発に関われることもある

会社によりますが、メタボリックシンドローム向けの薬等を開発しているところでは、産業保健活動もその開発に関われるケースがあります。

会社としても共有できる情報が多く仕事を進めやすいため、産業保健師としてコラボすることはメリットが大きいのです。

 

デメリット:本社勤務だと仕事の面白味が減ってしまう

製薬会社で働く産業保健師のデメリットとしては、本社勤務の場合、社員の方が主にMRか開発、薬事、人事の方等になるので、面談の対象が少なくなってしまうことが挙げられます。

また、本社には工場が隣接されていないので、職場巡視等はあまり面白味がありません。

 

気軽に健康管理室を利用する方が少ない

本社に勤務されている方は学歴も高傾向にあり、セルフメディケーション能力が高いのか、気軽に健康管理室を利用する方が少ない傾向にあることもデメリットと言えます。

 

まとめ

製薬会社の全体的な傾向としては、経営に「安定感」を感じることもあるので、長く産業保健師として働きたいと考えている方には、おすすめの職場です。

また、自社製品が使用できるという、他の会社にはない特典があるのも嬉しいポイントです。

ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

<この記事が保健師の方のお役に立てたらシェアお願いします。>

保健師 プーちゃん

保健師 プーちゃん

市町村保健師、産業保健師、人間ドック施設での保健師と保健師の仕事に10年近く携わってきました。皆様の少しでもお役に立てたらと思います。
執筆した記事の一覧へ

産業保健師求人・保健師は基本的に非公開求人を狙う!

産業保健師求人は基本的に企業側の求人のため非公開求人となるケースが多いです。非公開求人は、転職会社の担当者から紹介される、インターネット上に記載されていない求人です。
また、保健師が使える専門の転職サイトは看護師と同じになります。そのため、看護師転職会社が産業保健師の非公開求人を多く保有しています。

次へ

1位・保健師求人多数!マイナビ看護師

マイナビ看護師保健師求人
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能 約300件約50件多数あり

転職で有名なさすがマイナビグループが運営する転職サイトです。保健師の公開求人数はどの転職サイトより多く、産業看護師求人も非公開を含めるとかなりの数があります。登録必須でしょう。もちろん全国対応です。

<マイナビ看護師へ

 

2位・実績がない方におすすめ!「MCナースネット」

MCナースネット
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能(特集あり)約150件不明多数あり

MCナースネットは看護師系のサイトの中で唯一保健師特集を組んでいる転職サイトです。もちろん、全国対応で全国15拠点で展開しているので地方の求人にも非常に強いです。

また、派遣や短期単発の求人にも強く、産業保健師や保健師として実績がない方でも、保健師の仕事があるのが特徴的です。そのため、短期単発や派遣の仕事を実績として、正職員として採用される道もあります。

<MCナースネットへ>

 

産業保健師求人 | 求人多数の転職サイトランキング

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です