保健師が働きながら転職をするために知っておきたいポイント

【PR】保健師の求人を探すなら!「マイナビ看護師」で  

保健師が転職をする際には働きながら転職をした方がいいのでしょうか?それとも今の仕事を辞めてから転職活動を行う方がいいのでしょうか?

このページでは、保険費が働きながら転職をするために知っておきたいポイントを紹介していきます。それぞれのポイントをしっかりと押さえ、転職活動をより良いものにしましょう。

1. 働きながら転職をする保健師のメリット

保健師のメリット

保健師が働きながら転職をする際のメリットとしては、経済的に悩む必要がなくなるということが第一に挙げられます。
 

経済的な悩みがを抱えずにすむ

仕事をやめてから転職活動をする場合、どうしてもその間の給料がなくなるため生活費として貯金などを切り崩す必要があります。応募先の会社などに足を運ぶ必要もあり、交通費などがかさむことも多いでしょう。

そのような出費がある中で、働きながら転職活動をしている場合、金銭面では安心して活動することができます。もちろん独身の方でも収入が減ってしまうのはなかなか大変だと思いますが、家族を養っている方の場合にはなおさらでしょう。
 

キャリアが途絶えてしまうこともない

さらに働きながら転職活動をしているので、キャリアが途絶えることもありません。

一度辞めてしまうとその間に空白の時間ができてしまい転職する際には、それがデメリットとなる場合もありますが、空白の時間をなくして働き続けているということはあなたの大きな強みとなります。キャリアを積むために、仕事を辞めず転職活動をしている方も多々いらっしゃいます。
 

ポイント!

ポイント保健師として働きながら転職活動をしていらっしゃる方は沢山いらっしゃるので、あなたも自信を持って転職活動に臨んでみてはいかがでしょうか?

 

2. 働きながら転職をする保健師のデメリット

保健師のデメリット

働きながら転職活動をする場合、どうしても時間がない中での転職活動となってしまうということがデメリットとして挙げられます。
 

転職活動に割ける時間が少ない

日中は保健師としてフルで仕事をしている方が多いので、転職活動に割くことができる時間は、仕事が休みの土日と夜間のみという方も多いでしょう。

その点、仕事を辞めてから転職活動をする場合は、日中もフルで転職活動に時間を割くことができるのですぐに仕事を見つけやすくなります。
 

睡眠不足に陥りやすい

もちろん、働きながら転職活動をしている方もいらっしゃるのですが、それでも夜間に集中して転職活動に時間を割いているので、どうしても睡眠不足になりがちな方が多くなっています。

 

転職への意欲が伝わりづらい

また、仕事を続けながら転職活動をする場合、採用するサイドから本気で転職をしたいと考えているのかと懸念されてしまう場合も多くなっています。

仕事を辞めてから転職をしたいと考えるのがまだまだ普通だと思われているケースも多々あり、仕事を続けている場合には、その意欲などが伝わりにくいこともあります。
 

ポイント!

ポイントこのように働きながら保健師として転職をする場合はなかなか大変な面もありますが、それでももちろんメリットもあります。働きながら転職活動をするのか、それとも仕事を辞めてから転職活動をするのかはじっくりと自分のスタイルに合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

 

3. 働きながら転職をする保健師の注意点

保健師の注意点

働きながら転職活動をしている保健師の注意点としては、平日の昼間などは仕事に集中しなくてはいけないため、転職活動に割く時間が大幅にとれないということが挙げられます。
 

半端な意志で転職することは難しい

仕事を辞めてから転職活動をする場合、1日をフルに転職活動に費やすことができるので転職求人サイトをじっくりと見る時間もあり、自己分析ができたりこれまでの仕事を振り返って自分の条件を見つけることができたりと、時間に余裕ができるため仕事を辞めてから転職活動をした方が、比較的転職がうまくいくケースが多くなっています。

もちろん、仕事がない休みの時間帯に効率的に転職活動ができれば良いのですが、家族がいらっしゃる場合などは、家族にも時間を費やす必要があり結局転職しなくても良いのではと考えるようになり今の仕事をずるずると続けてしまう方もいらっしゃいます。

仕事をしながら保健師として転職したいと考えているのでしたら、強い意志を持ち限られた時間を有効的に使いながら転職活動を成し遂げる必要があるでしょう。
 

競争率が高い

また、保健師としての求人数はあまり多くないので、転職する際にも狭き門となっています。そのような数少ない求人に、沢山の応募者が殺到することも多いので、もし気になった求人があるならすぐに応募する必要もあります。

応募人数が多くなると、すぐに募集を締め切ってしまう会社などもあるので、見つけたら迅速に応募することが大切です。
 

4. 働きながら転職をする保健師求人の探し方

保健師求人の探し方
働きながら転職をする場合の保健師求人の探し方の第一歩としては、まずは転職求人サイトに登録することから始めましょう。
 

看護師転職求人サイト

最近では、保健師の求人をすぐに探すことのできる専門のサイトもありますので、沢山の求人を取り扱っている転職求人サイトではなく看護師転職求人サイトなどを利用するとスムーズに求人を探すことが出来るのでおすすめです。

 

アドバイザーによるサポートを受ける

看護師転職サイトにも色々なものがありますが、その中でも働きながら転職を考えているのであれば、アドバイザーが手厚くサポートしてくれるサイトを選ぶようにしましょう。

働きながら転職をする場合、どうしても転職活動に割くことができる時間が限られてしまうので、時間を上手に効率的に使用するためにもアドバイザーがスピーディーに転職先を見つけてくれるサイトを選ぶのが良いでしょう。
 

ハローワーク

そのように転職求人サイトにインターネット上から登録すると、比較的早く転職先が見つかることもありますが、もっと幅広い選択肢から転職先を見つけたいとお考えなら、地域のハローワークに足を運ぶのも良いでしょう。

ハローワークにはそのようなサイトに掲載されていないような求人もあることが多いので、併せて利用するようにしましょう。

<この記事が保健師の方のお役に立てたらシェアお願いします。>

保健師 おはな

保健師 おはな

看護師としての臨床経験を3年積み、大手メーカーの産業保健師として3年働きました。現在はこれまでの経験を活かし、看護師・保健師向けの情報サイトの運営に携わっています。保健師や産業保健師という仕事の奥深さや、やりがいについて、様々な観点からご紹介していきたいと思います。
看護師からのキャリアチェンジを考えている方のお力になれれば幸いです。
執筆した記事の一覧へ

産業保健師求人・保健師は基本的に非公開求人を狙う!

産業保健師求人は基本的に企業側の求人のため非公開求人となるケースが多いです。非公開求人は、転職会社の担当者から紹介される、インターネット上に記載されていない求人です。
また、保健師が使える専門の転職サイトは看護師と同じになります。そのため、看護師転職会社が産業保健師の非公開求人を多く保有しています。

次へ

1位・保健師求人多数!マイナビ看護師

マイナビ看護師保健師求人
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能 約300件約50件多数あり

転職で有名なさすがマイナビグループが運営する転職サイトです。保健師の公開求人数はどの転職サイトより多く、産業看護師求人も非公開を含めるとかなりの数があります。登録必須でしょう。もちろん全国対応です。

<マイナビ看護師へ

 

2位・実績がない方におすすめ!「MCナースネット」

MCナースネット
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能(特集あり)約150件不明多数あり

MCナースネットは看護師系のサイトの中で唯一保健師特集を組んでいる転職サイトです。もちろん、全国対応で全国15拠点で展開しているので地方の求人にも非常に強いです。

また、派遣や短期単発の求人にも強く、産業保健師や保健師として実績がない方でも、保健師の仕事があるのが特徴的です。そのため、短期単発や派遣の仕事を実績として、正職員として採用される道もあります。

<MCナースネットへ>

 

産業保健師求人 | 求人多数の転職サイトランキング

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です