産業保健師が退職時の引き止めに合わないための3つのポイント

産業保健師退職引き止め
【PR】保健師の求人を探すなら!「マイナビ看護師」で  

産業保健師として働いている人の中には、退職をしたいと思っていても会社側からしつこく引き止められてしまい、なかなか辞められないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでこのページでは、産業保健師が転職を引き留められてしまう主な理由と引き留めにあわないための対処法を紹介していきます。

1. 産業保健師が転職を引き止められる理由

引き止められる理由

一体なぜ、産業保健師は企業から転職を引き留められてしまうことがあるのでしょうか?
 

後任者を雇うコストを削減したいため

産業保健師が転職を引き止められる理由はたくさんありますが、まずは後任者を探すことが難しく、経費もかかるからということが挙げられます。

後任者は募集すれば来ることは来ますが、企業は新しい後任者にまた一から会社の社風や仕事のやり方に慣れてもらわなければならないので、出来るだけ同じ人間に長く勤めてもらいたいと考えています。

引き継ぎ期間は給与を二人の産業保健師に対して支払わなければならないことや人材紹介エージェントに紹介料を支払わなければならないことから、なるべくコスト削減のために産業保健師の転職を思い留まってもらおうとします。

 

2. 産業保健師の退職時に良くある引き止め事例

引き止め事例

産業保健師は退職時にスムーズに辞められる場合もありますが、企業から引き止められることもあります。
 

「後任を見つけるまで待ってほしい」

その事例として、例えば「後任が見つかるまでもう少し待ってほしい。」という場合があります。

後任を見付けるまでには、看護師転職求人サイトに募集を出したり、人材紹介エージェントに連絡して、適した人材を紹介してもらう必要があります。そして、面接をして企業理念などに賛同する適任者を見付ける必要があります。更に引き継ぎ作業も必要となります。

この一連の流れには時間と労力と経費を要するので、「後任が見付かり、しっかりと引き継ぎ作業が終わるまで待ってほしい。」と言われる事例は多いです。
 

「すぐに転職先が見つかるとは限らない」

「転職先が決まっていないのならここに留まってほしい。転職先を探すことがどれだけ難しいのかわかっているのか。」というようなことを言われる時もあります。
 

「待遇を改善するから留まってほしい」

「給与を見直し、福利厚生についてももっと優遇するので思い留まってほしい。」ということを言われる場合もあります。会社の待遇が不満であるという理由だけならば、それを改善することによって、勤務を継続してほしいと会社は願っているからです。

その他にも「家庭の事情を考慮して、働きやすい条件を提供するから。」「引っ越し先からの交通費を全額支給し、勤務時間も考慮するから。」「産前産後の休暇も規定より多く取れるようにするから。」などという引き止め事例があります。
 

3. 産業保健師の退職時の引き止め対策

引き止め対策

産業保健師が退職を申し出ると引き止められることがありますが、その際に引き止められないようにする対策があります。
 

家庭の事情を理由にやめる

まず、退職の理由として、結婚・出産・育児・介護などの家庭の事情で続けられなくなったと言えば、普通は会社側も他の選択肢を提供することが出来ません。

もちろん産休や育児休暇、介護支援などの改善案を提供されることもありますが、それでも無理と伝えれば、会社はそれ以上引き止められません。
 

先に転職先を決めておく

転職先が決まったからという理由も引き止めに合いにくい理由です。転職先の出勤日が決まっていれば、それ以上延長して働くということも依頼されにくくなります。

引き止めの理由に多いのが、「産業保健師の転職先を探すことは難しいからここに留まって欲しい。」ということですが、転職先が決まっていれば、そのような引き止めにも会いません。
 

体調不良という理由を持ち出す

体調不良という理由も引き止めに合いにくい理由となります。

人間関係や社内の派閥問題などというメンタル面での問題を持ち出すと「もう少し我慢してほしい。時間がたてば解決する。」などと言われる場合もありますが、体調不良で療養が必要という理由ならば、会社側も強く引き止めることは出来ません。
 

スキルアップのために転職を志す

スキルアップのために転職したいという理由も、現在の会社の仕事内容では実現出来ないということで、引き止めに合いにくい理由となります。
 

ポイント!

ポイントいずれにしても本当に退職すると決めた際には、どのような理由をもって引き止められても辞めたいという意思表示を明確にしなければなりません。

その意思表示の強さは会社側にも伝わるものなので、会社も諦めて次の策を考えるということになります。

<この記事が保健師の方のお役に立てたらシェアお願いします。>

保健師 おはな

保健師 おはな

看護師としての臨床経験を3年積み、大手メーカーの産業保健師として3年働きました。現在はこれまでの経験を活かし、看護師・保健師向けの情報サイトの運営に携わっています。保健師や産業保健師という仕事の奥深さや、やりがいについて、様々な観点からご紹介していきたいと思います。
看護師からのキャリアチェンジを考えている方のお力になれれば幸いです。
執筆した記事の一覧へ

産業保健師求人・保健師は基本的に非公開求人を狙う!

産業保健師求人は基本的に企業側の求人のため非公開求人となるケースが多いです。非公開求人は、転職会社の担当者から紹介される、インターネット上に記載されていない求人です。
また、保健師が使える専門の転職サイトは看護師と同じになります。そのため、看護師転職会社が産業保健師の非公開求人を多く保有しています。

次へ

1位・保健師求人多数!マイナビ看護師

マイナビ看護師保健師求人
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能 約300件約50件多数あり

転職で有名なさすがマイナビグループが運営する転職サイトです。保健師の公開求人数はどの転職サイトより多く、産業看護師求人も非公開を含めるとかなりの数があります。登録必須でしょう。もちろん全国対応です。

<マイナビ看護師へ

 

2位・実績がない方におすすめ!「MCナースネット」

MCナースネット
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能(特集あり)約150件不明多数あり

MCナースネットは看護師系のサイトの中で唯一保健師特集を組んでいる転職サイトです。もちろん、全国対応で全国15拠点で展開しているので地方の求人にも非常に強いです。

また、派遣や短期単発の求人にも強く、産業保健師や保健師として実績がない方でも、保健師の仕事があるのが特徴的です。そのため、短期単発や派遣の仕事を実績として、正職員として採用される道もあります。

<MCナースネットへ>

 

産業保健師求人 | 求人多数の転職サイトランキング

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です