産業保健師の志望動機例文!企業を選んだ理由は必要ない?

【PR】保健師の求人を探すなら!「マイナビ看護師」で  

産業保健師の志望動機では、「その企業を選んだ理由ではなく、なぜ、産業保健をやりたいのか」を明確にする必要があります。

産業保健師

間違っても、「夜勤がなくカレンダー通りで働けるため」「福利厚生の整った大企業で働けるため」といった、産業保健師の仕事とは直接関係のない事柄を挙げるのは避けてください。

なぜなら、こういった志望動機では、「産業保健について理解がない看護師」と判断され、面接官にあまり良い印象を持ってもらえない事が考えられるからです。

以下に、産業保健師の志望動機の例文を5つご紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

1.産業保健師未経験の場合の志望動機例文

産業保健未経験の看護師

産業保健師未経験の看護師の方が志望動機を考える時はまず、

  1. 産業保健師の役割
  2. 産業保健師の業務内容
  3. 企業で働くということ(簡単なビジネスマナーについて)

を理解しておく必要があります。

その上で、予防医療や健康教育に関わっていきたいということをアピールできる志望動機を作っていきましょう。

また、上記の3点について理解するためには、以下の記事がオススメです。

併せてチェックしてみましょう。

 

産業保健師の志望動機例文(1)

私は以前の職場で、主に外来にて看護業務を行っておりました。私が外来で関わる通院患者の中には、外来治療を続けながら仕事をしていかなければいけない人が多くいました。

そして、そういった患者さん達の社会生活を支えるのには、職場でのサポートがいかに重要であるのかを思い知らされ、「産業保健」の分野に興味を持つようになりました。

今後は、貴社の「産業保健師」として、社員の健康サポートに尽力していきたいと考えております。

 

産業保健師の志望動機例文(2)

私は3年間勤務していた腎臓内科病棟にて、糖尿病患者の食事指導やインスリン導入指導、透析管理指導などといった「患者指導」を日々行っておりました。

しかし、どんなに私が熱心に患者指導を行っても、自宅退院してしばらく経つと、入院していた頃より症状が悪化して、再入院する患者が少なくありませんでした。

そうした患者と関わっていく中で、私は「生活習慣病にならないための教育を、もっと社会全体で徹底していく必要性があるのでは」と考えるようになり、産業保健師への転職を決意致しました。

 

2.産業保健師経験がある場合の志望動機例文

産業保健師

産業保健師の経験がある場合は「これまで産業保健師としてどのような実績を出してきたのか」を簡潔に伝え、即戦力として役立てる存在であることをアピールするようにしましょう。

また、当然のことですが、以前働いていた企業を悪く言うようなことは絶対に避けてください。

 

産業保健師の志望動機例文(3)

前職では、産業保健師として「健康診断」をメインに携わり、社員の健康管理を行って参りました。

そしてそこで関わった社員の中には、自分の健康に関心がない方や、健康診断結果に異常があっても放置している方が大勢いました。

私は、そうした社員1人1人に対し、健診結果や健康状態を分かりやすく伝えることに時間を費やし、まずは彼らから産業保健師として信頼してもらえる存在になることを目指しました。

そうしているうちに、私の指導に耳を傾けてくれる社員が増え、行動変容を起こすことに成功した事例が多くあります。

こうした前職での産業保健師としての経験を活かし、貴社の社員の健康管理に貢献していきたいと考えております。

 

産業保健師の志望動機例文(4)

私が以前勤務していた企業では、社員の生活習慣病対策に力を入れており、私は産業保健師として「特定保健指導」に力を入れて参りました。

特定保健指導では、個々の対象者に合わせた食事指導や運動指導を行う事で一定の効果を得られ、それが産業保健師としての「やりがい」につながっていました。

こうした経験を活かし、貴社でも特定保健指導に力をいれた産業保健を実施し、病気になる社員を1人でも減らしていけるようサポートしていきたいです。

 

産業保健師の志望動機例文(5)

前職では、産業保健師として「社員のメンタルケア」を重点的に行っており、「相談しやすい産業保健師」を目指して、日々の業務を行っておりました。

結果、メンタルの問題で悩んでいる社員本人からはもちろん、うつ病の部下をもつ上司からの相談も多く寄せられるようになり、職場環境の調整に積極的に携わることが出来ました。

こうした前職での経験を活かし、産業保健師として貴社の社員の方々の心身の健康をサポートさせていただきたいと考えております。

 

まとめ

産業保健師

産業保健師の場合、面接の場においても「その企業を志望した動機」については聞かれないことが多いです。

そのため、産業保健師の志望動機は、「なぜその企業を選んだのか」について述べるのではなく、「どうして産業保健師になりたいのか」「産業保健師として何をやっていきたいのか」を積極的にアピールすることが大切です。

しかし、だからといって、全くどんな企業かを知らないで産業保健師の面接に挑むのは失礼ですから、求人案件に出ている最低限の企業情報は頭に入れておきましょう。

<この記事が保健師の方のお役に立てたらシェアお願いします。>

保健師 clover

保健師 clover

大学病院勤務後、海外に1年語学留学をし、その後、病院やクリニックを経て、現在某企業に保健師として勤務しています。今の仕事に行きつくまでの情報を提供し、役立てていただければ嬉しいです。

産業保健師求人・保健師は基本的に非公開求人を狙う!

産業保健師求人は基本的に企業側の求人のため非公開求人となるケースが多いです。非公開求人は、転職会社の担当者から紹介される、インターネット上に記載されていない求人です。
また、保健師が使える専門の転職サイトは看護師と同じになります。そのため、看護師転職会社が産業保健師の非公開求人を多く保有しています。

次へ

1位・保健師求人多数!マイナビ看護師

マイナビ看護師保健師求人
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能 約300件約50件多数あり

転職で有名なさすがマイナビグループが運営する転職サイトです。保健師の公開求人数はどの転職サイトより多く、産業看護師求人も非公開を含めるとかなりの数があります。登録必須でしょう。もちろん全国対応です。

<マイナビ看護師へ

 

2位・実績がない方におすすめ!「MCナースネット」

MCナースネット
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能(特集あり)約150件不明多数あり

MCナースネットは看護師系のサイトの中で唯一保健師特集を組んでいる転職サイトです。もちろん、全国対応で全国15拠点で展開しているので地方の求人にも非常に強いです。

また、派遣や短期単発の求人にも強く、産業保健師や保健師として実績がない方でも、保健師の仕事があるのが特徴的です。そのため、短期単発や派遣の仕事を実績として、正職員として採用される道もあります。

<MCナースネットへ>

 

産業保健師求人 | 求人多数の転職サイトランキング

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です