正社員の産業保健師になるには?まずは派遣社員から始めよう

正社員産業保健師
【PR】保健師の求人を探すなら!「マイナビ看護師」で  

産業保健師の求人をインターネットで探してみると、その8割は募集している雇用形態が「派遣社員」となっていることが分かります。つまり、産業保健師の場合は最初から正社員として働くケースはあまりないのです。そして、意外に思われるかもしれませんが、まずは派遣社員として働くことが、正社員になる一番の近道なのです。その理由や、実際に派遣社員として働くことになった際に、確実に正社員の座をモノにするポイントについてお伝えしていきます。

 

1.産業保健師の雇用形態の特徴について

産業保健師 雇用形態 特徴

看護師や行政保健師・学校保健師であれば、正社員の求人を見つけることに苦労はしないですが、産業保健師の場合はそうもいきません。最初にも述べた通り、そのほとんどは派遣社員の求人です。ただし、だからといって正社員になることが必ずしも難しいというわけではないのです。そこには、以下の理由があります。

  • 産業保健師は「派遣→正社員」のルートが王道
  • 最初の半年~1年は互いの見定め期間

つまり、多くの場合は最初の半年~1年間に派遣社員として働き、個人と企業の間で互いに同意がとれれば正社員として働くことができるのです。

 

産業保健師は派遣から正社員になるのが一般的

正社員であればボーナスも支給され手厚い福利厚生も受けることもできますが、産業保健師の場合はただでさえ掲載されている求人数が少ないため、最初から正社員で働くことに拘りすぎると見す見すチャンスを逃してしまうことになります。産業保健師は派遣から正社員になるのが一般的ですから、まずはどんな形態にせよ産業保健師として働く土俵に立つことが必要なのです。

 

求人を見つけたらすぐに応募するスタンスで!

産業保健師の土俵に立つためには、企業の業種問わず、今後正社員で働ける求人情報を見つけたらすぐに応募するスタンスでいましょう。

 

派遣でも月収単位では正社員にひけを取らない

産業保健師は他の看護職よりも時給が高く設定されているケースが多く、平均時給は1800円~2000円です。中には2500円に設定されているところもあります。そのため、最初の1年はボーナスが支給されなかったとしても、生活に大きな支障をきたすことはないでしょう。

 

2.産業保健師の正社員求人は看護師転職サイトで探そう

産業保健師募集求人転職サイト

正社員として産業保健師になりたいと考える場合は必ず看護師転職サイトを利用しましょう。なぜなら、転職サイトには自力で探すことは難しい業保健師の求人が多数掲載されている他、今後の雇用形態についても正確に把握することができるからです。

転職サイトの中には産業保健師に特化したものは数少ないですが、看護師転職サイトの中には産業保健師の求人情報が多数あるサイトもあります。なお、転職サイトは多数ありますので、どの転職サイトを利用するべきか悩んだら当サイトのランキングを参考にしてみてください。

 

最新の求人情報にいち早く応募できる

正社員にせよ派遣社員にせよ、とにかく産業保健師の求人情報は数に限りがあります。そのため、良さそうな求人が見つかったらすぐに応募した方がいいのは先に述べた通りであり、そのためには転職サイトが使えるのです。なぜなら、転職サイトに登録すれば、専任のコンサルタントが最新の求人情報をいち早くあなたの元へメールや電話で伝えてくれるからです。

 

見定め期間や雇用形態の具体的な情報を把握できる

正社員になりたい産業保健師にとって一番気になるのは、派遣社員としての見定め期間など具体的な雇用形態についてですよね。それによって、今後のプランも変わってきますので、やはり事前にこれらの情報を把握しておくことは大切です。

求人情報を見るだけでは分からない

具体的な雇用形態の情報は求人情報を見るだけでは分かりませんが、転職サイトを経由すれば情報を得ることができます。企業の経営状態によっては「正社員の産業保健師は雇わない」というところもありますので注意しましょう。

 

オススメの転職サイトは?

転職サイトの質は、求人情報と専任のコンサルタントの対応力にかかっています。その両方を兼ね備えているのが、転職サイト「マイナビ看護師」です。もし、サイト選びに迷っているのであれば、一度登録しコンサルタントと面談をしてみてください。次の展開が拓けるきっかけにもなるはずです。
産業保健師転職求人サイトランキングはこちらから

 

3.産業保健師が派遣社員から正社員になるポイント

派遣社員産業保健師正社員ポイント

めでたく産業保健師になれたとしても、ただ何となく仕事をしているだけでは正社員の道は拓けないかもしれません。なぜなら、「見定め期間」というのは企業側からすれば「評価期間」でもあるからです。

おそらく、よっぽど問題がなければ正規契約に進めるところも多いとは思いますが、あなたが見定め期間に頑張って働き、上司の評価を得ておくことは正社員になれる以外にも様々メリットがあるはずです。

 

働きながらのスキルアップを怠らないこと

産業保健師として、頼まれた仕事を一つ一つ丁寧に取り組む姿勢があることは大前提です。その上で、確実に正社員の座につくためには、働きながらスキルアップできるよう自己研磨に励みましょう。産業保健師のスキルアップについては以下記事を参考にしてみてください。

【産業保健師のスキルアップに役立つ記事】

このように前向きに仕事に取り組む姿勢は「見てる人は見てる」ため、もし正社員になれなかったとしても、次の展開に繋げられるはずですよ。

 

職場が合わないと感じても1年は続けてみること

見定め期間の終了を待たずして「職場が合わない」と感じたとしても、産業保健師の仕事自体に嫌気がさしていないようであれば、最低でも1年は同じ職場で働いておくことをオススメします。なぜなら、産業保健師の業界は経験者が優遇される傾向にあるからです。

 

「経験者」になっておけば転職は有利に運べる

最低でも1年続けておけば、あなたは「経験者」としてみなされ、転職を有利に運ぶことができます。そして場合によっては直接雇用してもらえたり、見定め期間を短縮してもらい、いち早く正社員になることもできるかもしれません。

まとめ

産業保健師 まとめ
産業保健師として正社員になりたいと考えるのであれば、とにかく派遣社員としてでもいち早く産業保健師の土台に立つようにしてください。もしあなたが保健師未経験者であればそれは尚更のことです。繰り返しになりますが、産業保健師の場合は「派遣→正社員」が王道のルートだからです(事前に確認は必要です)。

また、産業保健師は経験者が優遇される業界であるため、最悪その企業で正社員になれなかったとしても次の転職先でそれまでの経験が活きて、いち早く正社員になれる可能性もあります。

ただし、もし働く企業にこだわりがある場合は、その企業への応募へ一点集中させて転職活動を行った方がいい場合もありますので、その点については転職サイトのコンサルタントによくよく相談をしてみてくださいね。

 

<この記事が保健師の方のお役に立てたらシェアお願いします。>

保健師 おはな

保健師 おはな

看護師としての臨床経験を3年積み、大手メーカーの産業保健師として3年働きました。現在はこれまでの経験を活かし、看護師・保健師向けの情報サイトの運営に携わっています。保健師や産業保健師という仕事の奥深さや、やりがいについて、様々な観点からご紹介していきたいと思います。
看護師からのキャリアチェンジを考えている方のお力になれれば幸いです。
執筆した記事の一覧へ

産業保健師求人・保健師は基本的に非公開求人を狙う!

産業保健師求人は基本的に企業側の求人のため非公開求人となるケースが多いです。非公開求人は、転職会社の担当者から紹介される、インターネット上に記載されていない求人です。
また、保健師が使える専門の転職サイトは看護師と同じになります。そのため、看護師転職会社が産業保健師の非公開求人を多く保有しています。

次へ

1位・保健師求人多数!マイナビ看護師

マイナビ看護師保健師求人
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能 約300件約50件多数あり

転職で有名なさすがマイナビグループが運営する転職サイトです。保健師の公開求人数はどの転職サイトより多く、産業看護師求人も非公開を含めるとかなりの数があります。登録必須でしょう。もちろん全国対応です。

<マイナビ看護師へ

 

2位・実績がない方におすすめ!「MCナースネット」

MCナースネット
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能(特集あり)約150件不明多数あり

MCナースネットは看護師系のサイトの中で唯一保健師特集を組んでいる転職サイトです。もちろん、全国対応で全国15拠点で展開しているので地方の求人にも非常に強いです。

また、派遣や短期単発の求人にも強く、産業保健師や保健師として実績がない方でも、保健師の仕事があるのが特徴的です。そのため、短期単発や派遣の仕事を実績として、正職員として採用される道もあります。

<MCナースネットへ>

 

産業保健師求人 | 求人多数の転職サイトランキング

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

2件のフィードバック

  1. 2016年9月20日

    […] 「正社員の産業保健師になるには?まずは派遣社員から始めよう」の記事にもありますが、産業保健師の募集求人は「派遣社員」であることがほとんどです。元々「1年しか契約しない」という条件のところもありますし、最初の1年を互いの見定め期間としているところもあります。その切り替えの時期が4月(もしくは9月)であることが多いのです。また例外として、新規に立ち上げられた企業においても、当然4月スタートのところが多くなるでしょう。 […]

  2. 2016年11月8日

    […] 公務員の行政保健師よりも企業に務める産業保健師の方が高収入だと思っている人も多いとは思いますが、実際はそうとも限りません。なぜなら産業保健師は「派遣社員」として働くケースが多いからです(この辺についての詳細は「正社員の産業保健師になるには?まずは派遣社員から始めよう」の記事をご参照ください)。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です