産業保健師転職に必要な看護師の臨床経験は?経験が少なくても大丈夫?

産業保健師転職必要看護師臨床経験
【PR】保健師の求人を探すなら!「マイナビ看護師」で  

一般的に、企業が募集する産業保健師には、看護師として3年~5年の臨床経験があることを求めているところが多いです。しかし、企業によっては新卒の看護師・保健師を採用しているところもあり、そこまで臨床経験を重視していないところもあります。つまり、産業保健師に必要な看護師の臨床経験には具体的な指標はなく「企業によって異なる」というのが、実際のところです。

ここでは、産業保健師への転職に必要な看護師の臨床経験について、詳しく解説していきます。臨床経験年数が豊富な方も、そうでない方も、ぜひ頭に入れておいていただきたい内容です。

 

1.産業保健師に求められる臨床経験は企業ごとに異なる

産業保健師必要臨床経験企業ごと異なる

産業保健師に求められる臨床経験については、大きく分けると、保健師が複数人いるような企業と1~2人しかいない企業とで、異なります。ただし、基本的には、産業保健師は「即戦力」が求められていますので、ほとんどの募集求人の応募条件や歓迎条件には「看護師(保健師の場合)としての臨床経験」というフレーズが見られます。

また、いくら「臨床経験は問わない」と打ち出しているところでも、いざ採用の際は、即戦力になりそうな方が採用される可能性が高いことを念頭に置いておきましょう。

 

産業保健師が1~2人体制の企業は3年以上の臨床経験が必要

上記のケースとは反対に、産業保健師が1~2人体制の場合は、丁寧に指導を行っていく余裕がないため、企業側としてたは「できるだけすぐに即戦力として働いてくれる人」を求めます。そのため、少なくとも臨床経験3年以上は必要となってくるでしょう。

中には、応募要項に「臨床経験5年以上」「産業保健師の経験がある人」「保健師経験のある人」と、打ち出している企業もあります。少ない人数で、大勢の社員の健康管理を行っていかなければなりませんから、臨床経験はあればあるほど重宝されるのは当然の結果だと言えます。

 

社員数が多く産業保健師が複数人いる企業は新卒も採用される

社員数が数万人いるような規模が大きい企業においては、産業保健師が10~20名ほど在籍しているケースもあります。特に、工場を持つ企業はそのような人数体制を取っているところが多く見られます(工場で働く産業保健師について詳しく知りたい方は「臨床企業の工場で働く保健師の仕事内容は?給与事情とメリット・デメリット」をご参照ください)。

このように産業保健師が大勢いる現場では、即戦力にならない新卒や、臨床経験が少ない看護師であっても、指導してもらえる余裕があるため、必ずしも3~5年以上の臨床経験が必要なわけではないのです。
 
 

2.産業保健師の転職は臨床経験が多いほど有利

産業保健師転職臨床経験多い有利

臨床経験は、多ければ多いほど、職場の選択肢は広がりますし、企業側からも重宝されるため、転職を有利に運ぶことができます。そのため、もし今の時点で臨床経験が3年にも満たないようで「どうしても今すぐに転職したい!」というわけでなければ、せめて3年は臨床経験を積んだ状態で転職に踏み切るといいかもしれません。さらに、臨床経験が5年以上あれば、応募できない企業は、ほぼないでしょう。

 

一番転職に有利になるのは保健師としての経験値

産業保健師はその名称に「保健師」が含まれますが、ほとんどの企業において、求められる必須な資格は「看護師」です(必ず保健師資格が必要となる企業もあります)。ただし、産業保健師は病院の看護師とは違い、主に「一次予防」に関わることになりますので、保健師としての経験値は、必ずと言っていいほど、産業保健師の転職を有利にさせることができます。
 

十分な臨床経験があればすぐに挽回できる

看護師の臨床経験が十分にあるようであれば、保健師としての経験値がないことをあまり気に留める必要はありません。少しの努力や工夫で、いくらでもその穴を埋めることができます。詳しくは「保健師未経験者が産業保健師に転職する際のポイント3つ」をご参照ください。

 

3.臨床経験が少なくても産業保健師転職を諦める必要はない!

臨床経験が少なくても産業保健師転職諦める必要ない

ここまで、産業保健師の転職においては、臨床経験があればあるだけ有利であることをお伝えさせていただきました。しかし、臨床経験が3年未満であっても産業保健師転職を諦める必要はありません。最初の方でも述べた通り、臨床経験が少なくても、産業保健師が複数人いるような規模の大きい企業であれば応募することができるからです。

しかし、それはつまり、現時点では、産業保健師として働ける職場が限られているということでもあります。また、もし仮に応募できたとしても、臨床経験がある人の方が採用されやすいので、いずれにしても産業保健師になるのは「狭き門」なのです。

 

応募できる企業を手当たり次第に受けよう

産業保健師はただでさえ募集求人の数が限られています。その中で、臨床経験が少ない人が、産業保健師になるためには、自分が応募できる企業を手当たり次第に受けていくしかありません。少し雑な言い方になってしまいますが産業保健師への転職は、「数打ち当たる」ことが多々あるからです。

 

企業を選ぶのは保健師経験を積んでから

もし自分が望む企業に入れなかったとしても、内定をもらった企業でとにかく産業保健師としての経験を積んでいくようにしましょう。そこでの経験値が2年・3年と増えていけば、今度はその経験値が武器となり、一番望む企業への転職成功に一歩近付けることができます。

 

4.自分の臨床経験値に合った産業保健師求人の見つけ方

産業保健師求人見つけ方

企業によって産業保健師に求められる臨床経験値は異なること、そして臨床経験は多ければ多いほど選択肢が広がりますが、いくら臨床経験が少なくても、産業保健師転職を諦める必要はないことを解説してきました。つまり、産業保健師の転職においては「自分の能力に見合った職場を選ぶ必要があるのです。

そこでこの最後の項では、それぞれの臨床経験値に合った、産業保健師求人を見つける方法をご紹介していきます。
 

産業保健師の求人探しは看護師転職サイトを利用しよう

せっかく内定をもらった後に、一番避けたいことは、「こんなはずじゃなかった」という事態になることです。例えば、大した臨床経験がないにも関わらずものすごく即戦力が求められる職場に入ってしまったり、反対に臨床経験は充分にあるのにあまり責任あることをやらせてもらえない職場に入ってしまったりすると、それは転職成功とは言えません。

このようなミスマッチの事態を避けるためにぜひ活用していただきたのが、看護師転職サイトです。
 

キャリアコンサルタントとの職場探しでミスマッチを防ぐ

看護師転職サイトを利用すると、必ず専任のキャリアコンサルタントが配置されます。コンサルタントは転職サイトに掲載してある豊富な求人の中から、あなたの臨床経験値にふさわしい求人を見つけてきてくれるため、転職後のミスマッチのリスクを限りなく低くすることができるのです。
 
 

まとめ:自分の能力に見合った求人を見つけることが大切!

産業保健師まとめ
一般的に、企業で働く産業保健師には、十分な臨床経験値が必要なのではないかと考えられがちですが、実際はそうでもないケースが多々あるのです。つまり、産業保健師の転職成功においては大切なのは、臨床経験の有無ではなく自分の能力に見合った求人を見つけることなのです。

そのため、臨床経験値にあまりこだわりすぎることなく、転職サイトなどを利用しながら、その時の自分にとってベストな職場を見つけることが転職成功の秘訣となります。

 

<この記事が保健師の方のお役に立てたらシェアお願いします。>

保健師 おはな

保健師 おはな

看護師としての臨床経験を3年積み、大手メーカーの産業保健師として3年働きました。現在はこれまでの経験を活かし、看護師・保健師向けの情報サイトの運営に携わっています。保健師や産業保健師という仕事の奥深さや、やりがいについて、様々な観点からご紹介していきたいと思います。
看護師からのキャリアチェンジを考えている方のお力になれれば幸いです。
執筆した記事の一覧へ

産業保健師求人・保健師は基本的に非公開求人を狙う!

産業保健師求人は基本的に企業側の求人のため非公開求人となるケースが多いです。非公開求人は、転職会社の担当者から紹介される、インターネット上に記載されていない求人です。
また、保健師が使える専門の転職サイトは看護師と同じになります。そのため、看護師転職会社が産業保健師の非公開求人を多く保有しています。

次へ

1位・保健師求人多数!マイナビ看護師

マイナビ看護師保健師求人
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能 約300件約50件多数あり

転職で有名なさすがマイナビグループが運営する転職サイトです。保健師の公開求人数はどの転職サイトより多く、産業看護師求人も非公開を含めるとかなりの数があります。登録必須でしょう。もちろん全国対応です。

<マイナビ看護師へ

 

2位・実績がない方におすすめ!「MCナースネット」

MCナースネット
保健師の利用保健師求人数産業保健師求人数非公開求人
可能(特集あり)約150件不明多数あり

MCナースネットは看護師系のサイトの中で唯一保健師特集を組んでいる転職サイトです。もちろん、全国対応で全国15拠点で展開しているので地方の求人にも非常に強いです。

また、派遣や短期単発の求人にも強く、産業保健師や保健師として実績がない方でも、保健師の仕事があるのが特徴的です。そのため、短期単発や派遣の仕事を実績として、正職員として採用される道もあります。

<MCナースネットへ>

 

産業保健師求人 | 求人多数の転職サイトランキング

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です